鍵盤を正しく認知する手指感覚





1.チェルニー40番20番
2.クラーマ=ビューローOp.60-10
3.バッハインヴェンション ト長調 舞曲
4.なんでもないや
5.ショパン幻想即興曲
6.コードの勉強




毎日、何かは欠けてしまうが、ぼちぼち練習している。
娘に、
「曲持ちすぎ。どんだけ練習するのん、アホちゃう?」
と言われる。そうかも。



昨日は体調が優れず、練習がしんどくなりそうなのでハノンを弾いてみた。
ハノンの1番を全ての長調で弾いてスケ&アル練習全調してお終い。
これは鍵盤を見ずに、各指の鍵盤の幅を認知する能力を伸ばす練習で
いいなぁ、と思った。指を丸め気味の奏法と伸ばして弾く奏法も色々試しながら
弾いてみた。練習がしんどい時は、この練習をしようと思った。



元気なときもした方がええのかもなあぁ・・・。
ちょっと試してみようか。



スケ&アル練習やハノンの練習をする際、普通に弾くのではなく、
リズム練習やスタッカート練習で行っている。
苦手な調をもう一度調べて、重点的に弾けば良いかな。
自分の中で割と得意な調はそんなに練習しなくていいだろう。



なぜこの調が苦手なのかを自分で知る為に、
なぜこの調が得意なのかを分析してみるのは面白い。



2017-02-23 09:06 : 練習法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

プロフィール

由美

Author:由美
★好き★
カルロス クライバー・リヒテル・フランソワ・シフ・
オイストラフ・MIDORI

作家*中島らも ガダラの豚 人体模型の夜「貴子の胃袋」
映画* ナッツ(NUTS) (今や、どこ行っても見つからない幻の映画。主人公の娼婦が弁護士を雇わず、裁判を自力で闘います。突然主人公が歌い出す変わった演出。

ちなみに私が今まで書いてきたブログなどは、箱フグったらやっぱ素敵 箱ふぐ日記 PIANO*KKO (昔のHNはサむソン・フランソワ)

QRコード

QR